はじめての方へ

<治療院探しでお困りですか?>

このたびは、多くの治療院ホームページの中から当院のホーム
ページをご覧になっていただき、有難うございます。

改めまして優和治療院・院長の鈴木良幸と申します。

これまでの十数年、痛み、健康維持、精神的な疲労など様々な
症状の患者さんと接してきました。

辛さの程度は個々に違いますが、治療院探しに時間をかけ色々
調べてようやく当院に辿り着いた、という方が多かったと思い
ます。

自分の訴えに合う治療院、しっかりと説明をしてくれる治療院、
いろいろ話を聞いてくれる治療院など・・・

このようなことも治療院探しにおいては気になるとのことを、
患者さんから聞いたことがあります。

治療院にはマッサージ、鍼灸、整体、カイロプラクティック、
接骨院などいろいろありますが、辛い時に自分に適した治療院
を見つけることって、決して簡単なことではないと思います。

ここでは治療院探しで苦労されている皆さんに、まずは優和治
療院を知っていただき、ご自分に合っていそうかどうか、まず
はそこを感じていただけたらと思います。

そして、それが症状改善のきっかけになれば嬉しいです。

<当院の理念>

当たり前のことですが「一人ひとりの患者さんにとことん向き
合う」、当院ではこのような考えで患者さんに接しています。

例えば腰痛に対する施術法も、仕事・運動・ストレスなど原因
によって異なり、「この症状にはこのパターンで」とはなかな
かいかないものなんです。

同じような痛み・辛さであったとしても、その時の精神状態や
生活環境が異なればそれを解決するための施術方法もいろいろ
と変わってきます。

このように当院は患者さんの症状だけではなく、その背景にあ
る生活習慣・環境・性格などにも目を向けた施術を行っていま
す。

そのため初めて来院された方にはいろいろな事をお尋ねします
し、患者さんが心の中に抱いている不安には大いに耳を傾けま
す。

互いの信頼関係があってこその治療だと思っています。

<根拠ある施術を行います>

あなたが頭痛で来院したとします。

その症状に対して私がどのような治療をすると思われますか?

頭痛ですから首や頭にも触れますが、その原因によっては足首
や腰の施術を入念に行うかもしれません。

左の足首を一年前に捻挫し、それをかばって歩いていたら背中
の筋肉が硬くなって、それが肩から首にかけてのコリや血液循
環の低下を生み、気付いたら頭痛が起きやすい体になっていた。

これは足首の捻挫がそこだけの症状にとどまらず、いろいろな
症状を発症させてしまうことの一例です。

初めて来院された方は、施術を行う前に生活習慣などについて
のカウンセリング、筋肉や関節の状態を確認する触診・検査を
受けていただきます。

これは症状の原因を追究し施術方法を決めるために行うもので
あり、これなくして施術を開始することはありません。

そして”症状を再発させない体づくり”を最終目標とした施術
を行います。

<このような施術を行っています>

このような症状でお悩みであれば、一度ご相談ください

「会社、育児、介護などによる慢性疲労」
「妊娠中の腰痛・産後の股関節痛」
「立ち仕事や重労働で身体のあちこちが痛い」
「食欲がない、気持良く眠れない」
「更年期の体調不良が続いている」
「会社に行きたくない」

施術は整体・マッサージ・鍼・灸、各々の手技を用いて行いま
す。

具体的な施術方法は初診時の問診・触診・検査の結果より決め
ています。

なお、患者さんが嫌がる手技を無理に行うことはありません。

■整体
痛みをはじめとする不調の原因が、どこの神経に起因するもの
なのかを調べます。
そして神経がスムーズに手足や内臓に伝達されるよう、背骨・
骨盤・手足などの関節を調整します。

■マッサージ
関節可動域・血流・痛み・・これらを改善するため皮膚や筋肉
を適度な強さで押すと共に引き延ばします。

■鍼・灸
滞っている血液や体液の循環、硬くなって痛みが出ている筋肉
の修復、慢性的な疲労感の回復などに効果があります。

■日常生活のアドバイス
症状の改善や活力ある毎日を送るために、日常生活におけるア
ドバイスを行います。

<あなたへのメッセージ>

当院で行っている施術は、患者さんが辛い症状を再発させない
ことを目的に行っていますが、本当に良い状態を得るためには
患者さん自身の「良くなろう」という前向きな気持ちと行動も
必要です。

そしてその気持と行動による自己治癒力が、あなたの体を良い
状態へと導いていきます。

施術を受けても不規則な生活や暴飲暴食を続けていては、なか
なか健康な状態で日々を送る事は難しいのです。

●好きな趣味を楽しみたい
●子供と思いっきり遊びたい
●仕事に全力投球したい
●美味しくご飯が食べたい
●旅行に行きたい

当院はこのような想いの実現に向かって、全力でお手伝いをさ
せていただきます。

これをお読みになったあなたが、これまでよりも「良くなろう」
という気持を抱いてくれることを願っています。

このページの先頭へ