このような方が来院されます【その5:腰椎椎間板症(腰と足の痛み)】

当院には様々な身体の不調をとなえた方が来院されます。

今回は腰椎椎間板症(腰と足の痛み)の患者さんの症例を
紹介いたします。
腰痛
数週間前の仕事中にギックリ腰を起こし、
背中・腰の痛みに加え
足のしびれなどもあり
発症直後は一時的に歩行困難となりました。

整形外科病院にてX線検査(レントゲン)・MRI検査を受け、
腰椎椎間板症、軽度の腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

来院時にはMRI画像をお持ちいただき、
より詳細に背骨の状態を確認させていただきました。

===

こちらの方は10代の頃から約10年間
コンテナの荷物の仕分け作業をされており、
20歳を過ぎた頃から腰や背中の痛みに
悩まされてきたそうです。

ちなみにコンテナの荷物は私の体重(62kg)を軽く上回る
重量70kgほどの袋が大量にあって、それを中腰の状態で
コンテナから運び出すのだそうです。

私自身、昨年2月に息子の小学校グランドの側溝清掃に
参加した際、
約2時間の側溝での作業
(スコップで溜まった泥・砂を掘出す)で
かなり重いギック腰
になった経験があるだけに、

こちらの方の作業がいかに重労働であるかが想像出来ます。

なお普段からウォーキングや腰痛予防の運動など、
ご自身の身体のケアには気を使っているとのことでした。

===

身体の状態は以下のとおりです

■20歳を過ぎた頃から慢性的に背中や腰の痛みを感じている
■時々、右側のお尻~もも裏~ふくらはぎ~足裏にかけて
 シビレを感じる

■左右の肩が前方へ巻き込んでいる
■背中は猫背の状態で、腰の骨のわん曲が少ない
■後方に身体を反る際、腰の関節の動きが非常に少ない
■首から腰にかけて
 関節の可動性が著しく減少しているところが数ヶ所ある

■骨盤の関節の可動性が減少している
■肩・背中・腰そして太ももの筋肉の柔軟性が少ない

===

そして以下のような施術を行いました。
※施術時間は約50分

■背中・腰の筋膜ストレッチ
■可動性の少ない関節の矯正
 (首・背中・腰・骨盤・股関節)

■柔軟性の少ない太もも裏側の筋肉(ハムストリングス)
 のストレッチ

■背中・腰・おしり・ふくらはぎへの鍼刺入

===

上記の施術で腰・足の痛みはかなり楽になったとのことでした。

ここで注意しなければならないのは、
なんとか一回の施術で症状が楽に
なったとしても、
今後の生活習慣を改めないでいると同様な症状は
起こり得る
ということです。

●仕事(力仕事)をする時は腰椎ベルトを装着する
●物を持ち上げる時は前かがみにならない
●起床時・就寝時・仕事の合間に肩~背中~腰にかけての
 関節と筋肉を
リラックスさせるためのストレッチを行う
 (脱力ストレッチ)

●睡眠・入浴にしっかり気を使う

今後はこれらのような事に留意した生活が
大切ではないかと思います。

今回ご紹介した症例は肉体労働が主な原因でした。

こちらの方は施術翌日より私のアドバイスを実践され、
腰椎ベルトを装着しての作業、
そして作業の合間の脱力ストレッチなどにより

身体も楽で腰も快調であるとの連絡をされてきました。

身体の状態をより高めていくうえで
日常生活をいかに過ごすかが
とても大切ですので、
ご来院の際にはセルフケアについても
わかりやすく
お話しいたします。

ご不明なことがございましたらお気軽にお尋ねください。
===========================
【武蔵小杉・新丸子の整体・マッサージ・鍼灸】優和治療院
住所)川崎市中原区新丸子東2-897-11ラポール新丸子209
電話)044-577-6772
営業時間)月~金10:00~21:00、土日祝10:00~18:00
休院日)第一・第四の日
口コミサイト「エキテン」
http://www.ekiten.jp/shop_6023073/

 

コメントを残す

このページの先頭へ