このような方が来院されます【その11:身体のメンテナンスの重要性】

俗に言う”ギックリ腰”になってしまった方は
多いのではないでしょうか

当院にもギックリ腰で来院される方は非常に多いです

4d48b52dde2f3cd44b9cca17877eef3e_t
一度ギックリ腰を起こすと「クセになる」という表現を

時々耳にします

そもそも日常の良くない生活習慣の蓄積がギックリ腰の
主な原因であるため、
あたかもクセになってしまったかのように症状が再発する
のです

===

今回はギックリ腰でかつて来院された方が
”再発しそうになり”再来院された症例の紹介です

そして皆さんには、良い状態を維持するための
いわゆるメンテナンスとしての施術の重要性を
お伝えしたいと思います

===

再来院された方は30代の長身の男性で、
仕事はほぼ一日パソコンに向かうデスクワークです

過去に数回ギックリ腰を経験されているので
ご自身の身体のケアなど真面目に考えている方でもあります

一年ほど前にギックリ腰で来院され、
数回の施術で自覚症状は治まりました

その後、一週間に一回ペースの施術を二カ月ほど続け
腰の不調を全く感じなくなったことから
一旦通院を中断されていました

※やはり自覚症状が全く無い方でも
二週間に一回のペースで施術を受けられることが
不調を再発させないための予防ケアとしては理想です

ところが最近、一年前の腰部の痛みが徐々に出始めた
とのことで、今回の再来院となりました

===

【問診・触診・検査】

身体の状態は次のとおりです

■立った状態から上半身を前傾させようとすると
 腰の下の方にイヤな痛みを感じる

■座ってても立ってても靴下を履く動作で
 腰の下の方に一瞬イヤな痛みが走る

 ※腰とお尻の中間(仙骨)あたりが最も痛い

■背中~腰~骨盤にかけて
 可動性の低い関節が数ヶ所ある
 
■背中を後方に反らすと腰の下の方に痛みが走る

■背中の筋肉の柔軟性が低い 

=====

【施 術】

施術はカイロプラクティック、鍼の手技により
次のように行いました。
※施術時間は約30分でした

■可動性および神経の伝達が低下している関節の調整
 ※背中・腰・骨盤について

■硬くなった背中・腰・お尻・お腹の筋肉への鍼

■鍼を刺入した状態でのストレッチ

■股関節周辺の筋肉に対するストレッチ

===

今回は状態の悪化がかなり進行する前に来院されたため
一回の施術で自覚症状に関してはだいぶ軽減出来ました

そしてその後も一週間に一回のペースで来院されています

なお来院頻度について、自覚症状が無くなってきたら
およそ二週間に一回のペースに変更し、
メンテナンスとしての施術を考えています

=====

以下いつも書いていることなので、毎回お読みに
なっている方にとっては、耳にタコができている
ことだと思いますが、
大切なことですので是非お読みください

当院では「痛み・シビレ」などがある場合、
その症状が軽減していくための施術を行っています。

ただそれだけの施術では、
”単に辛い症状が軽くなるだけ”
で終わってしまうこともあります。

神経の伝達が正常に行われるため、
いわゆる患者さん自身が持っている
”自然治癒力を向上させるための施術”
が最も大事だと考えています。

特に初めて来院された方には
このあたりのお話をわかりやすく説明しますので、
施術について不明なことはなんでもお尋ねください。

==========================
【武蔵小杉・新丸子の整体・マッサージ・鍼灸】優和治療院
住所)川崎市中原区新丸子東2-897-11ラポール新丸子209
電話)044-577-6772
営業時間)月~金10:00~21:00、土日祝10:00~18:00
休院日)第一・第四の日
口コミサイト「エキテン」
http://www.ekiten.jp/shop_6023073/

コメントを残す

このページの先頭へ