肩こり

肩こりとは首・肩・腕周辺の「だるさ、疲労感、痛み、シビレ」
などと表現されています。

中学・高校・大学でのびのび過ごしてきた若者が社会人となり、
『会社でのストレス・残業による寝不足・パソコンによる眼精
疲労・育児による全身疲労・・』を経験するようになります。

このように肩こりは「生活習慣の悪化」「長時間の同一姿勢」
「運動不足」などが、その発生原因として考えられます。


<仕事や育児が原因なの?>

○長時間のパソコン作業
○長距離運転
○赤ちゃんの抱っこ

これら”同一姿勢による特定の筋肉・関節への負荷”により、
以下に示すようなことが体に現れます。

■特定の場所の筋肉が硬くなる
     ↓
■関節の可動範囲が減少する
     ↓
■血液や体液の循環が低下し、疲労・発痛物質が体内に停滞
     ↓
■こり・痛み・疲労感・だるさ・冷え・・などを認識

それでは肩こりを感じた時、一般的に「どの辺の関節や筋肉に
支障が出ているのか?」、についてお話します。


<首・肩・背中の関節・筋肉>

①首

肩こりには首の骨(頚椎)とその周りの筋肉が深く関わってい
ます。

人間の頭は3~4kgの重量があり、それが前後左右に動くのです
から、頚椎やその周りの筋肉には常に相当な負担がかかってい
ます。

長時間のデスクワークなどで悪い姿勢が続くと、これらの筋肉
に負担がかかり肩こりの原因につながります。

②肩

肩関節には重たい腕がぶらさがっているため、それだけでも常
に相当な負担がかかっている関節と言えます。

「肩甲骨が肋骨にピッタリと貼り付いてる」「一回、肩甲骨を
取り外して貰いたい」、時々このようなことを患者さんからお
聞きします。

肩こりを感じている人の多くは、肩甲骨周りの関節の動きが悪
くなっています。

また、肩周りの筋肉には「姿勢保持」や「腕の動き」に大きく
関わっているものがあります。

「赤ちゃんを抱っこしての外出」などが続くと、このあたりの
筋肉に疲労が蓄積し、肩こりを感じるようになってしまいます。


<肩こりのパターン>

肩こりのパターンを大別すると、以下のようになります。

①首から肩にかけてのこり
②肩から腕にかけてのこり
③肩から背中にかけてのこり

<肩こりの施術方針>

私が肩こりに対して施術を行う時は概ね①~③の部位に対して、
整体・マッサージ・鍼灸・ストレッチなどを組み合わせて行っ
ています。

ただし、これだけでは肩こりで”辛い部分”が楽になるだけで
す。

私が留意していることは、「肩こりが起こりにくい体づくり」
のお手伝いをすることです。

すなわち、患者さんの「ここが凝ってるから、ここを揉んでく
ださいよ~」という要望に「はい、ここらへんですね~」と言
って揉むだけではなく、問診・触診・検査等より体の状態を把
握し、肩こりが起こりにくい体づくりを目指しています。


<肩こりの施術の流れ>

①問診

まずは問診票にいろいろと記入していただきます。

●どこが辛いですか?
●いつ頃から辛いですか?
●どの様な姿勢の時に最も辛く感じますか?
●原因として心当たりはありますか?
●過去・現在のケガ・病歴
●この症状に関して、病院・治療院での受診の有無
●普段の生活状況(仕事・食事・趣味・睡眠時間など)

問診票へのご記入が終わったら、その内容についてご質問させ
ていただきます。

②触診

次は実際に患者さんの体に触れて、体の状態を確認させていた
だきます。

確認事項の一例を以下に示します。

●起立した時の姿勢
●頭~背骨~骨盤~脚の骨格形状
●体全体の筋肉の状態
●首や背骨や骨盤の関節の動き

③検査

「手足を動かす」という動作は、脳からの指令が神経を介して
手足の筋肉に届くことによって起こります。

骨格が正常な状態に近いほど手足は充分な筋力を発揮できます。

ところが「長年の悪い生活習慣」や「重労働」などにより、骨
格が正常な状態にない時は、手足は充分な筋力を発揮できませ
ん。

検査では「骨格の形状」や「関節の動き」を踏まえた上で、

●体の各器官(手足など)が「発揮している筋力」
●体を動かした時の「関節の動き方」「痛みの有無」
●不調の原因が、どのあたりの神経に起因しているか?

などについて確認します。

そして患者さんには、正常でないところを自覚していただきま
す。

④施術開始

問診・触診・検査を行ったら、施術の開始となります。

●マッサージ
●整体
●鍼・灸

これらを、患者さんの症状に合わせて行います。

※患者さんの訴えが肩こりであっても、概ね全身を施術するこ
ととなります。

⑤施術終了

施術終了後は、次の事項について患者さんに確認していただき
ます。

●施術前の体(関節)の動きが改善しているか?
●痛み、だるさが改善しているか?
●体の各器官(手足など)が「発揮している筋力」が改善して
 いるか?

===

【肩こりの患者さん】

(30代主婦 ピアノ講師 肩こりの訴え)

小学校~中学校に通うお子さん2人がおり、自宅でピアノ教室
を開いているこちらの方は、育児・仕事で蓄積した「長年の肩
こりや目の疲れ」を訴えられていました。

色々なマッサージ店での施術経験があるため強めのマッサージ
などは、全く平気とのことでした。

仕事柄両腕を前に伸ばし指先に神経を集中させていることから、
肩・首・腕の付け根・背中あたりのこり、関節の動きの低下が
見られました。

また、生徒さんの隣に座って指導する際に上半身を生徒さん側
に捻っていることなどから、首・背骨・骨盤の歪みもありまし
た。

■骨格の触診、筋力の検査、関節の可動性の確認
■リラックスした状態にするための全身マッサージ
■痛みやこりの原因となっている関節の矯正

初回の施術で主症状はかなり改善され、その後は概ね2週間に
1回の施術で良好な状態を維持されています。

また感想として、次のようなことを仰ってました。

<感想>

久しぶりにスッキリした感覚に戻りました。

ピアノを生徒に教えている最中や家事の際、いつも首・肩のあ
たりがモヤモヤしていましたから。

肩こりがひどくなると頭痛が起きることもありましたけど、こ
れからは頭痛の心配は無いような気がします。

このページの先頭へ