頭痛

日本人の3~4人に1人は「頭痛持ち」と言われるくらい頭痛
は非常に身近なものです。

また、統計的に「男性よりも女性の方に多い」のが特徴です。

一般的に患者さんの多くは

●身体的ストレス:長時間の悪い姿勢、パソコンやスマホの使
         用による目の酷使、枕の高さが合わない・・
●精神的ストレス:仕事、育児、人間関係・・

などによる頭・首・肩周辺の「筋肉のこわばり」が原因となっ
ているようです。

一方で、脳出血やクモ膜下出血などの脳血管障害による頭痛は
命にかかわる危険性もあります。

頭痛が気になっている方は”いつもの頭痛”と諦めず、その発
症原因を知る事が重要だと思います。

以下に頭痛について書きましたので、お読みになって下さい。


<頭が重い、頭が痛い・・・>

会社の昼休みに近くのクイックマッサージ店に行くと、一時的
には楽になるけど夕方には戻ってしまう。

充分な睡眠・規則正しい食生活・休日の適度な運動など、症状
を改善するために生活スタイルを改めたいけど中々できない。

このような患者さんが当院を利用されています。


<頭痛とは?>

多くの方が経験するいわゆる「一般的な頭の痛み(慢性頭痛)」
について大別すると、以下のように分けられます。

(慢性頭痛)

■筋収縮性頭痛

○症状:持続性で頭が締め付けられるような痛みで、最も多い
    タイプです。

○原因:頭・首・肩のこり、身体的・精神的ストレスなどが考
    えられます。
    いわゆる同一姿勢が長時間続く仕事、パソコンの長時
    間使用、日常のストレスなどです。

○対処法:頭・首・肩の筋緊張をほぐし血行を改善させること
     が必要です。
     整体・鍼灸・マッサージなどの施術を受けたり、休
     養をとったり、市販の頭痛薬なども効果的です。

■片頭痛

○症状:側頭部(こめかみ周辺)の辺りがズキズキと脈打つよ
    うに痛み、吐き気を伴うこともあります。
    一般に女性に多いと言われています。

○原因:詳細は不明であるが、頭部の血管が拡張して周辺の神
    経を刺激するためと考えられています。
    また、女性ホルモンの変化(月経の際など)、ストレ
    スからの解放、気候の変化、寝不足なども影響因子と
    して挙げられます。

○対処法:片頭痛はその原因が肩こりや眼精疲労という人もい
     ますし、他の原因との組合せで起こる人もいます。
     肩こりや眼精疲労からくるものであれば、肩こりの
     施術を行うことで症状改善が期待できます。
     なお、発生原因によっては頭部の筋肉を触らない方
     が良い場合もあります。

またこれら以外に、脳腫瘍やクモ膜下出血など脳の重大な病気
が原因の場合もあります。

頭痛があまりにも強い痛みであったり長引いている場合は、病
院(神経内科や脳外科などで)での受診をお勧めすることもあ
ります。


<頭痛に対してこのような施術を行います>

当院の頭痛に対する施術は、鍼灸・マッサージ・整体・ストレ
ッチなどを組み合わせて行います。

また問診・触診・検査等より体の状態を把握し、「頭・首・肩」
以外の箇所に対しても適切な施術を行うことで「頭痛の起こり
にくい体」を目指します。

①問診

まずは問診票にいろいろと記入していただきます。

●頭のどのあたりが辛いですか?
●いつ頃から辛いですか?
●どの様な時に最も辛く感じますか?
●原因として心当たりはありますか?
●過去・現在のケガ・病歴
●この症状に関して、病院・治療院での受診の有無
●普段の生活状況(仕事・食事・趣味・睡眠時間など)

問診票へのご記入が終わったら、その内容についてご質問させ
ていただきます。

②触診

次は実際に患者さんの体に触れて、体の状態を確認させていた
だきます。

確認事項の一例を以下に示します。

●頭の痛みを感じている箇所を軽く押した際の痛みの変化
●首や肩の筋肉を軽く押した際の痛みの変化
●首や肩の関節を動かした際の痛みの変化
●起立した時の姿勢
●頭~背骨~骨盤~脚の骨格形状、関節の動き
●体全体の筋肉の状態

③検査

「手足を動かす」という動作は、脳からの指令が神経を介して
手足の筋肉に届くことによって起こります。

骨格が正常な状態に近いほど手足は充分な筋力を発揮できます。

ところが「長年の悪い生活習慣」や「重労働」などにより「骨
格が正常な状態にない時」は、手足は充分な筋力を発揮できま
せん。

検査では骨格の形状や関節の動きを踏まえた上で、

●体の各器官(手足など)が発揮している筋力
●体を動かした時の関節の動き方、痛みの有無
●不調の原因が、どのあたりの神経に起因しているか?

などについて確認します。

そして患者さんには、正常でないところを自覚していただきま
す。

④施術開始

問診・触診・検査を行ったら、施術の開始となります。

●マッサージ
●整体
●鍼灸

これらを患者さんの症状に合わせて行います。

※患者さんの訴えが頭痛であっても、概ね全身を施術すること
となります。

⑤施術終了

施術終了後は、次の事項について患者さんに確認していただき
ます。

●頭痛がどの程度改善しているか?
●施術前の体(関節)の動きが改善しているか?
●体の各器官(手足など)が発揮している筋力が改善している
 か?

===

【頭痛の患者さん】

(50代女性 会社員 頭痛・肩こりの訴え)

80代のお父様の介護と会社勤務で日々忙しくされており、常に
頭痛や肩こりを感じているとのことでした。

整体や鍼灸の施術は、過去に数回受けたことがあるとのことで
した。

触診・検査の結果、首・背骨・骨盤の関節の動きが少なくなっ
ていることが確認できました。
また、筋肉の柔軟性もかなり低下していました。

こちらの患者さんに対する施術内容は次のとおりです。

■動きの少なくなっている関節の矯正
■柔軟性が低下している筋肉に対するマッサージ・鍼灸

これらの施術により頭痛・肩こりの症状は徐々に改善し、1カ
月の期間、週1回の施術で症状はほぼ解消されました。

また感想として、次のようなことを仰ってました。

<感想>

気が休まることが無いので、頭から肩にかけて常に固まってい
るような状態でしたが、1カ月間の施術でようやく普通の感覚
になれた気がします。

動きの悪い関節を改善してもらうことで、首や背中の疲労感も
少なくなりました。

頭や顔へのマッサージが非常に気持ち良く、これだけでも首や
肩の辛さが軽くなったように思います。

施術の最後にやっていただいたお灸も心地良く、頭痛はかなり
解消されました。

頭痛が起きる前に、またお願いしようと思います。

このページの先頭へ