冷え症

<”冷え”とは?>

昔から東洋医学では”冷えは万病のもと”と言われています。

「手足の先が冷たい」「お腹が冷える」など、体の各部に冷え
を常日頃から感じている方は年々増加傾向にあるように感じま
す。

冷えは生活環境や生活習慣の影響に大きく左右されるものです。


<昔と今の生活環境の違い>

昔と今の生活を比較してみます。

■運動不足による筋力低下・血液循環の低下

昔は交通機関も今ほど発達しておらず、移動手段として”歩く”
が当たり前だった。
また、子供は暗くなるまで外で遊び、老若男女問わず肉体労働
も多かった。

■不規則な生活

昔は今のように24時間営業の店も無かったため、不規則な生
活を送る人も少なかった。

■栄養の偏り

食べ物に関しては、栄養過多で偏食傾向な人が多い現代に比べ
、昔は平均的に栄養を摂取している人が多かった。

■外部環境の冷却過多

家庭や会社にエアコンが常備されるようになって以来、暑い季
節の電車・会社・スーパーでは冷房が効き過ぎ、上着をはおっ
て寒さをしのいでいる人がいる。

=====
現在は非常に便利になってはいるものの、体の冷えが生じやす
い環境に変化しているとも言えます。

<冷えるとどうなる?>

冷えがもたらす体の変調として次のようなものがあげられます。

■免疫力が低下し生活習慣病など、病気にかかり易くなる
■手足のしびれや痛み
■朝方ふくらはぎ・足の裏がつる
■体内の熱が逃げないよう血管が収縮し、血液循環が低下する
■血液中の栄養分・酸素の運搬、老廃物の排泄などが滞る
■健全な卵子が育ちにくくなり、妊娠しにくくなる
■妊婦さんの場合、胎盤の血流が悪くなると、赤ちゃんへの栄
 養が届きにくくなることもある

<冷えは改善できるのか?>

冷えの状態に当然個人差はあります。

冷えを感じるようになるにはそれなりの理由があるので、そこ
を修正していけば徐々に改善していくものと考えています。

ただし薬などに頼りきるのではなく、あくまで本人の改善努力
が最も重要なところだと思います。

■睡眠時間
夜12時前には就寝し、少なくとも6時間以上の睡眠をとりた
いところです。
良質な睡眠をとるために、就寝直前までのパソコン・スマホは
極力避けましょう。

■偏食を避ける
脂っこい物、炭水化物、甘い物など、好物だからと言ってそれ
ばかりではホルモンバランスが崩れ、代謝や血流も低下します。
年齢を考慮した栄養の摂取に努めましょう。
また暑い季節、冷たい飲食物の摂り過ぎは要注意です。

■運動
心肺に負担の少ない有酸素運動(ウォーキングなど)によって
血液が運んできたエネルギー源を消費し体熱産生を目指します。
血液循環の向上や老廃物の運搬促進などの効果も期待できます。

■靴
足の形に合わない靴は歩行の際、正しい足関節と筋肉の動きを
妨げ、歩行バランスを乱し、背骨や股関節などの歪みを生じる
原因にもなり得ます。
どうせ歩くなら、冷えの改善につながるような歩行を意識しま
しょう。

■お風呂、足浴
最近は浴槽のお湯につからずに、シャワーでお風呂を済ませて
しまう人が増えているようです。
たまには入浴剤なども入れて体の芯まで温め、血管を拡張させ
てください。

■骨格・筋肉・神経
冷えにより血液の循環が低下してくると、血液から体への栄養
分供給、また老廃物排泄が滞り、健全な筋肉が維持できなくな
ります。
疲労物質が排泄されない筋肉は柔軟性が欠如し、関節の動きや
背骨・骨盤などの骨格も都合の悪い状態になってきます。その
結果、スムーズな神経伝達が難しくなり、体を動かす際の筋力
も充分に発揮出来ないものとなってきます。

■ストレス
仕事・人間関係・育児・介護など、誰もが多かれ少なかれ悩み
や不安はあると思います。
でもそれが過剰になってしまうと自律神経に乱れを生じ、冷え
をはじめとする体調不良があらわれます。
心や体の疲れが「溜まってるな~」と感じたら、整体・鍼灸・
マッサージなどを受けて、気分転換することも良いと思います。

■基礎体温(女性の方へ)
基礎体温とは一般に、朝の起床時の安静時に計る体温のことで
、毎日計って記録しておくと、体温の上昇下降の周期が分かる
ようになります。
エストロゲンが増えると低温期、プロゲステロンが増えると高
温期が各々続きます。
自分の体温周期を把握しておくと、体調変化、妊娠しやすいタ
イミングや妊娠の有無、また更年期への対策など、多くのメリ
ットがあるので、普段からの基礎体温のチェックをお薦めしま
す。

■鍼・灸・整体・マッサージ
鍼・灸・整体・マッサージは、神経・筋肉・関節の機能を改善
する効果があります。
ただし、冷えが慢性化している場合、これらの施術を1回受け
ただけでは、その場しのぎとなってしまいます。
定期的な施術だけではなく、生活スタイルの見直しがなければ
慢性的な冷えを改善することは難しいと思います。
「定期的な施術」+「生活習慣の見直し」で、冷えを徐々に改
善していきましょう。


<冷えに対する施術>

初診の患者さんにお身体の症状を尋ねると、多くの方が手足の
冷えをあげられます。

ここで、仕事や家事が忙しく睡眠時間や食事の時間などが乱れ
てくると、内臓や血管の働きを調整している自律神経が乱れ、
冷えをはじめとするさまざまな体調不良があらわれます。

自律神経は以下の交感神経と副交感神経に分けられます。

■交感神経:日中活動している時に活発に働く
■副交感神経:夜リラックスしている時に活発に働く

この二つが共にバランスよく働いていることが理想ですが、冷
えを感じている方の多くは交感神経の働きが活発になり過ぎて
いるようです。

当院の冷えに対する施術の基本は、温まりにくい体質を修復す
ることです。

マッサージや鍼灸で血液循環を改善させるとともに、背骨や骨
盤の動きを修復して神経伝達の改善も行います。

冷えの症状でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

===

【冷え症の患者さんの声】

(20代 女性Kさん)

仕事の忙しさによる極度の全身疲労と冷え症で来院された方の
症例です。

この方は食品加工会社に勤務され、仕事中は気温10度の部屋で
食品加工の作業を行っているとのことです。

気温10度の部屋での仕事に加え、かなり腕や腰にも負担のかか
る作業のようで、筋肉の柔軟性や関節の可動性に機能低下が見
られました。

そして体は疲れているのに中々眠れず、風呂のお湯も44~45度
くらいにしないと体が温まった感じがしないとのことでした。

このような症状に対し、次のような検査や施術を行いました。

■骨格の触診、筋力の検査、関節の可動性の確認
■お腹・背中・手足の各部を押した際の、痛みの感じ方の確認
■手首の脈の拍動について、脈の打つ速度・強さ・乱れの確認
■動きが低下している背骨や骨盤の関節を調整
■血液循環を向上させるためのマッサージ
■自律神経のバランスを修復するためのお腹や背中、手足への
 鍼と灸

<患者さんの感想>
 
病院の検査では特に異常はないと言われていたのですが、あま
りにも体が辛いので治療院を探していました。

母には「ちゃんと検査とかやってくれるところじゃないとダメ
だよ」と言われ、そういうところを探していたところ優和治療
院のホームページをたまたま見て、何となく良さそうだなと思
って治療を受けました。

一回目の施術で鍼灸と整体マッサージを受けました。
 
治療直後は特に明確な体の変化は感じなかったんですが、翌朝
はとても体がラクで仕事も集中してできました。
 
また、お風呂のお湯の温度がそれまで44~45度くらいにしない
と体が温まる感じがしなかったのが、40度くらいでも温まった
感じがするようになってきました。

寝付きも以前より良くなった気がします。

休みは少ないですが月一回は施術を受けて、徐々に良くなって
いる状態を維持したいと思います。

このページの先頭へ