私が開院した理由

<将来の独立を目指して>

私は平成22年1月に優和治療院を開院するまで、以下のよう
な勉強や修行を行ってきました。

<学校>
●整体の学校に2年間
●鍼・灸・按摩マッサージ指圧(国家資格)の学校に3年間

ここでは治療家になるための勉強を必死にやりました。

また、この学校に通ったことでカイロプラクティックとマッサ
ージの師匠に出会うことも出来ました。
※「この出会いが無かったら・・」と今でも思う時があります。

<修行>
●カイロプラクティック治療院に5年間
●鍼灸接骨院に6年間

治療家として将来独立するためには修行以外にはないと思って
いたので、学校で出会ったカイロプラクティックやマッサージ
の先生(後の師匠)にお願いして、何とかそこの治療院で修業
をさしてもらいました。

そこではひたすら院長の治療を見て、修行仲間を練習台に様々
な手技の練習に明け暮れていました。
※今思えば、けっこう無謀な練習をしていたなぁと思います。

また、治療院では腰痛症・骨折後遺症・スポーツ障害・その他
の症状の来院患者さんに対し

●鍼、灸
●カイロプラクティック
●マッサージ
●リハビリ
●テーピング

等の施術を行っていました。

当時の私はこのような修行を続けながらも「将来自分の治療
院を実際持てるのかなぁ」、というようなことも考えること
がありました。

<訪問施術との出会い>

将来の独立を目指し鍼灸接骨院で修業を積んでいた頃、

●腰が痛くて歩けない
●パーキンソン病で歩行困難
●脳梗塞後遺症で半身麻痺
●脳出血後遺症で寝たきり

このような患者さんとの出会いがありました。

そしてこれらの寝たきり・歩行困難等の理由から通院できない
患者さんのお宅に訪問して、リハビリやマッサージを行う訪問
施術というものを初めて経験しました。

患者さんやそのご家族からは度々感謝の言葉をいただき、充実
感とともにそれまで感じてきたものとは少し異なる、使命感の
ようなものも感じるようになりました。


<優和治療院の開院を決意>

私が初めて修行経験を積んだ場所はカイロプラクティックの治
療院で、会社員、主婦、プロの格闘家など治療院に来院する方
だけを対象としていました。

そして次の修行の場となった鍼灸接骨院での訪問施術は、外出
が出来ない患者さんが実際どういう生活を送っているのか、ど
んなリハビリ・マッサージを行うのかなど、それまで未経験の
分野を知る貴重な機会となりました。

この未知の分野に強い興味は抱いたし、鍼灸接骨院の院長から
も訪問施術での独立を勧められましたが、治療院業界に入った
時から店舗としての治療院を持つことが夢だったので、独立に
関してはしばらく悩みました。

いろいろと悩みましたが「治療院に行けない患者さんの辛さや
不安を自分の技術・経験でどこまで解消できるか?」、という
想いは依然として強く抱いていたので、平成22年1月に出張
施術専門の優和治療院を開院することを決意しました。

【「店舗」としての優和治療院を開院した理由】

治療の仕事に携わるようになった時から、いつかは自分の治療
院を構えたい気持は常にありました。

ただ、その気持は漠然としたものであり、店舗を構えることが
どこか他人事というか中々現実的に考えることが出来ず、具体
的な計画をたてたことはありませんでした。

また訪問施術を開始してから徐々に患者さんも増え、かなり忙
しくなってきたので「この状況で店舗を持ってもなぁ」という
気持がさらに”店舗を構える”という当初の想いを遠のかせて
いました。

訪問施術を開始して以来、このような気持ちでいたのですが、
患者さんや技術セミナーなどで会っている治療家仲間などから
「先生は治療院は構えないの?」、と聞かれることが度々あり
ました。

そして訪問施術を開始してから5年ほど経過したあたりから、
”治療院を構える”という当初の想いが再び湧きあがってきま
した。

このような何とも言えない悶々とした日々の中で

『自分は訪問治療がある程度軌道に乗っているから店舗治療院
という新しい環境を作ってしまうことに、ただ尻ごみしている
だけなんじゃないか?』

『様々な患者さんから必要と思われることが治療家のやりがい
でありエネルギー源でもあるんだから、様々な状況に対応すれ
ばいいじゃないか』

このようなことも思うようになりました。

そして最終的に

■『自宅と治療院』のどちらでも受けられる治療院を作る
■『自分の治療院を持つ』という当初の夢
■自分と家族の幸せ

これら三つについて考えた結果、店舗を持つことを決心し平成
26年8月に店舗としての優和治療院開院に至りました。

このページの先頭へ