『初めて行く治療院、いったいどんなことをされるんだろう?』

予約したものの、そう思われる方は多いのではないでしょうか。

ここでは当院に来院された方、特に初めて来院した患者さんに
対する施術の流れをわかりやすく書きましたのでお読みください。

なお「施術でどこまで良くなるの?」ということに関しては
個人差があり、保証するものではありません。

当院の施術による辛さや痛みの修復の程度、良くなったことが
実感できるまでの期間、来院回数などはその方によって異なります。

施術を開始するまでの流れ

初診の方は問診・触診・検査を受けていただきます。

初めて来院された方は、施術前に生活習慣などについてのカウンセリング、
筋肉や関節の状態を確認する触診・検査を受けていただきます。

1.問診票へ記入


日頃の生活・辛い症状・病歴など必要事項を記入していただきます。なお、それらの情報を他に公表することはありません。

2.カウンセリング


ご記入いただいた問診票に対しての質問、生活習慣などについてお尋ねします。

3.お着替え


必要であれば更衣室にてお着替えをしていただきます。施術着は男性用・女性用、各々ご用意してありますのでお使い下さい。鍼灸専用の施術着も用意してあります。施術着は「これイイ!」と思った時に衝動買いした物もかなりあります。

「足裏のタコ」なども大事な確認箇所ですので靴下も脱いでください。

4.姿勢確認


全身が映る鏡の前で姿勢を確認します。
あなたの体の状態を分析するうえで、非常に重要な確認作業です。

5.体の動作確認


背骨・骨盤・手足などの形状や動き、筋力、痛みが出る動作などを確認します。
痛みをはじめとする不調の原因が、どこの神経に起因するものなのかを調べます。歩行動作を確認する場合もあります。

6.体の状態説明


問診・触診・検査によって「あなたの体がどのような状態なのか?」、これらについて分かり易く説明します。

7.施術内容の説明


施術方法や施術頻度についてお話します。

8.施術開始


私からの説明や施術方法の提案をご理解いただけたら施術開始となります。

当院で行っている施術の説明

施術は整体・マッサージ・鍼・灸・テーピングなど、
各々の手技を用いて行います。

具体的な方法は問診・触診・検査の結果より決めています。
なお、患者さんが嫌がる手技を無理に行うことはありません。

整体

痛みをはじめとする不調の原因が、どこの神経に起因するものなのかを調べます。

そして神経がスムーズに手足や内臓に伝達されるよう、背骨・骨盤・手足などの関節を調整します。

自然治癒力と免疫力の向上が目的ですが、さらに患者さん自身の努力が加わればより効果的です。

マッサージ

関節可動域・血流・痛み…

これらを改善するため皮膚や筋肉を適度な強さで押すと共に引き延ばします。

過度なスポーツ、会社・育児・介護などによる慢性疲労、何ともいいようのないストレス…などによる皮膚・筋肉の柔軟性の低下を”正常な状態”に近づけるために効果的です。

鍼・灸

滞っている血液や体液の循環、硬くなって痛みが出ている筋肉の修復、慢性的な疲労感の回復などに効果があります。

またこれまでの臨床経験によれば、寝違えやぎっくり腰などの急性症状に対しても有効です。

テーピング

疲労や痛みなどにより筋力が低下し、血液や体液の循環が滞っている時、キネシオテープを貼ることによって症状の改善効果が期待できます。

施術後、必要に応じてテーピングを施しています。

運動療法

肩こりや腰痛などに対する運動療法を指導いたします。

腰痛などでも痛みやしびれの度合いにより、運動方法が全く異なる場合もあります。

その時々の状況に応じた運動を行うことで、症状の修復を目指します。

日常生活のアドバイス

症状の改善に向かってご自身で出来ることや、活力ある毎日を送るための日常生活におけるアドバイスを行います。

辛い症状をどこまで修復できるかは、「日常生活の中でどこまで努力できるか?」も大切なポイントです。
 

院内のようす

入口のドア

当院の入口は自動ドアではなく、昔ながらのドアノブを回して空ける鉄のドアです。ドアの横では観葉植物が、そして院内に入ると季節ごとに替わる「のれん」がお出迎えします。
 

受付け

ドアを開けて中に入ると左手が受付カウンター、右手が待合室のソファーとなっています。スリッパに履き替えて中にお入りください。

ドアの横では観葉植物が、そして院内に入ると季節ごとに替わる「のれん」がお出迎えします。

(腰の辛い方へ)
腰が辛くてソファーに座るのが難しい方は、座面の高い椅子を用意してありますのでご利用ください。また腰をかがめずに靴がはけるよう、長めの靴べらをお使いください。
 

待合室

早めに来院されて前の患者さんの施術がまだ終了していない時など、ソファーにお掛けになってお待ちください。

目の前のブックスタンドには色々なジャンルの本が置いてあります。小さいお子さんが喜ぶような本もあります。

初めて来院された方は、こちらで問診票を書いていただきます。カウンターには『当院の施術に対する考え』を掲示してありますので、お読みになってください。

(ウォーターサーバー)
普段水分の摂取量が少ない方も、当院に来られたときはしっかり水分をとってください。温水・冷水どちらもお飲みになっていただけます。
 

国家資格の免許証

”あん摩・マッサージ・指圧師”と”鍼師・灸師”の免許証です。解剖学・生理学・病理学・東洋医学などについて3年間学校で学んだ後、国家試験に合格して取得したものです。
 

音楽

院内には心が落ち着く音楽が流れています。

音楽も施術の一部だと考えておりますので、CD選択には意外と時間をかけますよ(笑)
 

更衣室

お着替えが必要な方は当院の施術着をお使いください。”施術着はコレ”という決まりはなくて、私がお店などで「これいいなぁ」と思った時に購入するようにしています。

鍼灸専用の施術着も用意してあります。

脱いだ洋服やコート、鞄など、こちらのカゴやハンガーをお使いください。メガネやアクセサリー、スマートフォンなどを入れる小物入れなどもご用意してあります。

また、ちょっと体を拭きたい時は「汗ふきシート」をお使いください。

観葉植物

私の開院以来の趣味でもありますが、院内のあちこちには来院した方が気持よく施術が受けられるよう観葉植物が置いてあります。
 

室内の空調管理

私が治療院に入ってまず初めに行うことは、窓を開けての換気です。換気の時もエアコン使用時も、サーキュレーターで室内の空気を循環させます。

換気の次は加湿空気清浄器が院内の空気をより気持ちの良い状態にしてくれます。

施術を受ける時も自宅や職場などでも、室内の空気・湿度が適正でないとリラックス出来ないし、免疫力も低下します。
 

施術室

ゆったり落ち着いた気分で施術を受けていただきたいので、ベッドまわりのスペースは広めにとってあります。ベッドは大柄の方も余裕をもって寝られる、大きなサイズのものを使用しています。

またどんな手技にも高い精度で対応できるよう、電動で昇降するベッドを選びました。

検査や骨盤・背骨の調整には幅の狭いベッドを使用します。

背骨と骨盤の模型を使って体の状態や施術方法の説明を行っています。特に鍼施術で背中やお腹や足が出ている時、赤外線治療器で血液・体液循環を促し全体を温めます。
 

トイレ

トイレは誰もが気持よく使用できるよう、毎日きれいに清掃しています。

また寒い時期でも快適に使用できるよう、暖房便座になっております。