腰椎椎間板ヘルニア

<腰椎椎間板ヘルニアについて>

①椎骨と椎間板

背骨は椎骨という骨が一個々積み重なって形成されたものです。

椎骨と椎骨の間には「椎間板」と呼ばれるものが挟まっており、
背骨が前後左右に動くのを援助したり、衝撃をやわらげる役割
を担ったりしています。

椎間板の中心にはゼリー状の「髄核」という物質があり、その
周りを「繊維輪」という組織が取り囲んでいます。

②腰椎椎間板ヘルニアとは?

一般に「腰部」とは、腰椎(5つの椎骨)とその下の仙骨、そ
して各々の間には「椎間板」があります。

この腰部の椎間板に長年無理な圧力が加わり、老化した繊維輪
に出来た亀裂から中の髄核が背中側に飛び出した状態を「腰椎
椎間板ヘルニア」と言います。

③その症状は?

椎間板の中から背中側に飛び出した髄核が、すぐ近くの神経の
根元を圧迫し炎症やうっ血が起こると、それぞれの神経が支配
している領域の腰や脚に痛みやしびれを発生させます。

痛みは前かがみの姿勢や長時間椅子に座っていると、徐々に強
くなる傾向がみられます。

また症状が悪化すると、歩行困難や排尿・排便障害に及ぶ場合
もあります。

④どのような人に発症するの?

腰椎椎間板ヘルニアの発症は20~40代の比較的若い世代に多く、
長時間のデスクワーク・自動車の運転、中腰姿勢の多い介護職
の方などに発症しやすいと言われています。

⑤ヘルニアって無くならないの?

近年はヘルニア(飛び出した髄核)が時間の経過とともに、人
間の免疫細胞の働きで吸収・縮小し、発症しても数カ月で改善
していく方の検査結果も数多く報告されています。

<腰椎椎間板ヘルニア:施術の流れ>

①問診
 
腰椎椎間板ヘルニアの症状をお持ちの方に接する際、以下の事
項に留意しています。(※問診の際にお聞かせいただきます)

■発症以前から現在までの体の変化について、充分にお話を聞
 かせていただくこと

■病院でレントゲンやMRIを受診されたことはあるか?

■どの様な姿勢で痛みが強くなり、どの様な姿勢で痛みがやわ
 らぐのか?

■当院の施術を受けるべきか?病院に行くべきか?
 ※思わぬ病気が隠れている場合もあります
  ※状態によっては当院での施術を行わず、病院での受診をお
  勧めすることもあります

■ヘルニアの主症状以外に、頭痛・肩こり・むくみ・関節痛な
 どはないか?

■日常生活で最も困っていることは何か?

■日常生活の中で明らかにヘルニアの症状を悪化させるような
 生活習慣はないか?

当院は根本的な体質改善を目標としているために『問診・触診
・検査』を重要視し、あなたにとって最適な施術方法を明確に
してから施術に臨んでいます。

あなたが腰椎椎間板ヘルニアの症状でお困りでしたら、まずは
遠慮せずにご相談ください。

あなたからのご相談が、症状改善のきっかけとなります。

②触診
●起立した時の姿勢
●頭~背骨~骨盤~脚の骨格形状、関節の動き
●体全体の筋肉の状態
●皮膚に触れた時の感覚の左右差
などなど・・・
 
③検査
●手足などが「発揮している筋力」
●皮膚に触れた時の感覚(知覚)
●体を動かした時の「関節の動き」「痛みの有無」
●不調の原因が、どのあたりの神経に起因しているか?
などなど・・・

④施術開始
腰椎椎間板ヘルニアを発症した人の体は、腰部の痛み・下肢の
痛みやしびれをはじめとして体全体が緊張し、背中・腹・両足
・首肩などが凝り固まっていることが多いです。

このような状態の患者さんに対し、以下の様な流れで施術を行
っています。

■まずは痛みの少ない姿勢をとっていただき施術を開始します。

■施術は整体・鍼灸・マッサージを組合わせて行います。

■「心と体の過緊張状態」から「リラックスした状態」へ移行
 していただくために、動きの悪い関節や凝り固まった筋肉な
 ど、全身に対して施術を行います。

⑤施術終了後
施術終了後、次の事項を確認していただきます
●痛み・しびれの軽減、その他の症状の改善が感じられるか
●「寝返り、立ったり歩いたり」が改善しているか
●施術前の関節の動きが改善しているか
●手足が発揮している筋力が改善しているか

⑥セルフケア指導
●日常生活での注意事項・セルフケアについてご指導します


以上が腰椎椎間板ヘルニアに対する施術の一例です。


<当院での施術を考えてる方へ>

近年はヘルニア(飛び出した髄核)が時間の経過と共に、人間
の免疫細胞の働きで吸収・縮小し、発症しても数カ月で改善し
ていく方の検査結果も数多く報告されています。

その一方で、腰部や脚の痛みやしびれが中々改善しない方も多
数いらっしゃいます。

また、症状は「腰部や脚の痛みやしびれ」だけとは限らず、そ
れらの症状の影響で「肩こり・頭痛・膝痛などが加わってしま
うケースも多く見られます。

当院の施術でヘルニアを除去したり、痛み・痺れを完全に消し
去る事は出来ません。

ただし、早急な手術が必要な状況でない限り、痛みをはじめと
する辛い症状を軽減することは可能だと考えています。

まずは辛い症状についてご相談ください。
(出来るだけ具体的な状況を教えて下さい)

===

【腰椎椎間板ヘルニアの患者さんの声】

(30代会社員 女性)

こちらの患者さんは普段から右足の指先にしびれがあり、常に
右足をかばう動きが多いことから、左側の腰~お尻~足にかけ
て坐骨神経痛のような激しい痛みが出てしまいました。

痛みが激しいため、トイレにも四つん這いで行くような状態で
した。

この方のお宅に伺うと、玄関までは出迎えていただけましたが
かなり辛そうで、上体を曲げ左足を引きづりながらベッドまで
歩いて行かれました。

ベッドでは痛みの激しい左側を上にした横向きに寝ていただき
問診・触診・検査を出来る範囲で実施しました。

施術にあたっては、まず全身の緊張を解きほぐすことから行い
、次に緊張の強いお尻の筋肉や動きの硬い背骨や骨盤の関節に
対して施術を行いました。

痛みのために動きが少なくなっていた腰や股関節が徐々に改善
され、施術終了後は何とか上体を曲げずに立てるようになりま
した。

また、若干痛みは残ってはいたものの、ゆっくり歩けるように
なりました。

その後は概ね2週間に1回ペースでの施術と、ご自身でのスト
レッチや関節運動により、以前のような歩けないほどの痛みは
現れなくなったようです。

また施術の感想として、次のようなことを仰ってました。

<感想>

左足の痛みでしっかり立つことも辛かったんですが、定期的な
施術とストレッチや運動を続けることで、何とか普通に仕事も
できるようになりました。

ただ施術を受けるだけではなくて、自分でも努力しないと中々
改善していかないことも分かってきました。

これからは今感じている痛みをもっと減らせるよう、日常の生
活習慣をこれまで以上に改めるとともに、引き続き施術も受け
ていこうと思っています。

このページの先頭へ