産前・産後の不調

妊娠や出産による身体各部の変化には様々なものがあります。

症状には個人差があり、出産前のつわりや股関節の痛み、出産
後の腰の痛みなどをほとんど感じることなくすごされる方もい
れば、まったくその逆の方もいます。

当院には出産を控えた妊婦さんや産後数カ月の方など、皆さん
何かしらの症状をお持ちの方が来院されます。

<妊娠や出産で体はどうなるの?>

(妊娠すると・・・)

一般に妊娠して安定期に入る頃、つわりなどは徐々におさまり、
ようやく活動的に動けるようになると言われています。

それでもお腹の赤ちゃんの成長と共にお腹が前方にせり出し、
背中や腰が反り返ってくるため、腰・背中の痛みで辛い思いを
されている方も多勢います。

また妊娠3カ月頃から出産をスムーズにするため、主に骨盤の
関節を緩めるホルモンが分泌されるようになるため、それまで
よりも関節は不安定になってきます。

そしてお腹の赤ちゃんの発育とともに体重も増加し、これが負
担となって不安定な骨盤周囲の筋肉は硬くなり、結果的に背中・
腰・股関節などの痛みへとつながると考えられています。

(出産すると・・・)

出産が終わりお母さんの体が元の状態に戻るまでの期間、いわ
ゆる産褥期(6~8週間)は、ゆったり静かにすごすのがよい
と言われています。

出産のためにいったん緩んだ骨盤は出産後1~2カ月をかけて、
徐々に妊娠前の状態に戻ろうとするのですが、必ずしも正しい
状態に戻るわけではありません。

骨盤がもともと妊娠前から歪んでいた人、出産によって歪んで
しまった人など様々ですが、正しい状態に戻らないままでいる
とそれが関節だけではなく内臓などにも影響を及ぼし、後々辛
い症状が表れる方も多いようです。

尿漏れ、恥骨痛、生理痛、便秘、肩こり、頭痛、ぎっくり腰、
股関節痛などなど・・・

関節の機能や内臓の活動が正常に行われないと体の代謝も悪く
なり、結果として太り易くなってしまったり、低体温になって
二人目のお子さんが出来にくくなってしまったりと、良くない
ことが起こり易くなってしまいます。

とは言っても関節が不安定な出産後は、骨盤をはじめとする体
の骨格を良い状態に戻すチャンスでもあるのです。


<産前・産後を快適にすごしたい・・・>

このように妊娠~出産~産後にかけて女性の体は、その時々で
とても大きく変化しています。

ケアすることで少なくとも精神的・肉体的に不快な状況を避け
られるのであれば、そのケアは十分役目を果たしていると私は
思います。

●妊娠中:赤ちゃんがお腹の中で快適にすごせるよう
●出 産:できるだけスムーズな出産をするために
●出産後:しばらくは家事・育児に専念できるように


<このような施術を行っています>

産前・産後の生活をできるだけ快適にすごせるよう、当院では
次のような施術を行っています。

(産前)

出産前の妊婦さんにとってまず大事なのは、赤ちゃんがお腹の
中で快適にすごせるような状態を維持することだと思います。

妊娠するとそれまでとは異なるホルモン分泌が起こりますが、
そのホルモンがより正しい分泌を行うためには、しっかりした
自律神経の働きが必要となります。

肩こり・腰痛・股関節痛といった辛い症状、もしくは自覚症状
はなくとも背骨や骨盤の機能に問題がある場合など、眠りが浅
くなったり栄養分の吸収が悪くなったりといった自律神経の働
きに起因した良くないことが起こり易くなってきます。

当院では自律神経がより正しく働くよう、”痛み”をはじめと
する自覚症状の修復とともに

●動きが悪くスムーズな神経伝達が行われていない関節
●硬くなって血行が悪くなっている筋肉
●忙しさ・責任感の強さ・妊娠の不安などからの情緒不安

これらについて整体・マッサージ・鍼灸の手技による治療を行
います。

(産後)

出産も終わりとりあえずはひと安心ですが、それからは徐々に
妊娠前の身体に戻りながら赤ちゃんとの毎日をすごしていきま
す。

私も息子が生れてから育児には多少なりとも関わってきました
が、何から何まで初めて経験することばかりで、息子が生まれ
る前の生活が激変しました。(圧倒的に楽しい方に激変しました)

私が関わった育児で印象に残っているものは、
●抱っこ
●哺乳びんによる授乳
●お風呂(もく浴)

この三つがなんで印象に残っているかと言うと、とにかく背中
と腰が辛かったんです。

そして息子が1歳半の頃、人生初のギックリ腰を経験しました。

このような経験から、産後のお母さんがどれだけ首や背中や腰
が辛いかは理解できます。

産後治療の軸としては、次のように考えています。
●いったん緩んだ骨盤や股関節、背骨などがどのような状況に
 なっているかを確認(筋力や骨格や関節の動きについて)
●出来るだけ正しい状態に関節(骨格)を戻す
●育児による疲労・痛みの修復

これらについて産前の治療と同様、整体・マッサージ・鍼灸の
手技による施術を行います。

===

【産後の不調:患者さんの声】

(20代 女性)

こちらの女性は産後5ヵ月を経過した方で、初めての育児によ
る腰と背中の痛みの訴えがありました。

寝ている赤ちゃんを抱え上げる時やお風呂(もく浴)などの動
作の際に背中や腰にズキッとした痛みが走るとのことでした。

起立した時の姿勢をみると首がいわゆるストレートネックで、
顔(頭)がやや前方に突き出し、背中は猫背でした。

またベッドに仰向けに寝ると両膝がわずかに折れて、膝の裏が
ベッドに着かない状態でした。

このような状況に対する治療として、まずは硬くなって動きが
少なくなっている股関節と骨盤の調整を行いました。

次に、前傾姿勢が多いことから動きが硬くなっている肩と鎖骨
に対して施術を行いました。

そして首および背中から腰にかけて動きが硬くなっている箇所
に対して施術を行いました。

治療には鍼・灸・マッサージ・整体の手技を用いました。

施術後、来院時の痛みは完全には無くなっていませんでしたが、
猫背と前方に突き出した顔の位置はかなり改善していました。

その後、1回/週の頻度の治療とご自宅でのセルフケアにより、
3回ほどの施術で姿勢・痛みについては良い状態になってきま
した。

施術後の感想として次のようなことを言われています。

<感想>

産後5カ月を経過して育児生活にもなんとなく慣れてきました
が、日頃の姿勢が悪いのか、だんだん背中や腰が辛くなってき
て、寝ている赤ちゃんを抱き上げる時など背中のあたりに鋭い
痛みを感じるようになってきました。

施術を数回受けて背中や腰の辛さは徐々に楽になってきました。

そして、このような状態に至った理由と今後の生活習慣などに
ついて、いろいろと説明していただきました。

これからも育児による体調不良を起こさぬよう、なるべく定期
的に施術を受けていきたいと思います。

このページの先頭へ