首がつらい

■季節に関係無く首がダルい

■上を見上げると首から肩にかけて痛い

■右を向くと首から肩甲骨にかけてシビレが走る

■首が辛くなると頭痛がおこる

などなど・・・

当院には首の不調で来院される方が多数いらっしゃいます

e6055fbabedea7a75cc7a3c152a1c74e_w

皆さんにおおむね共通していることは

●激しいスポーツ
●ある一定の姿勢の保持

この二つがあげられます

激しいスポーツは関節や筋肉に強い負担がかかりますし、
一定の姿勢の保持は身体はあまり動かしていないものの
長期間の姿勢保持のために筋肉は収縮を続け固くなり
関節の動きも低下します

当院ではこのような症状に対してカイロプラクティック・鍼灸・ストレッチ
そして筋膜リリースなどの手技を用いて施術を行っています

全身を調べて調整を加えるのですが、
特に背骨や骨盤のなかで動きの固くなった関節を重点箇所として
調整を行っていきます

そして全身の神経の伝達を正常な状態に近づけ、
首の状態はもちろん全身の状態をより良いものに戻していきます

以下に施術例を示します

=====

ここでお話しする症例は『首の痛み』です。

こちらの方は小学生のお子さんがいるお母さんで、
土日以外はほぼ毎日お仕事をされています。

「家事・子育て・仕事」これらをこなしながらの生活が
数年続いていることで、肉体的・精神的な疲労が蓄積してきます。

日々の忙しさなどから、
ご自身の身体のケアにはあまり気がまわらなかったようです。

具体的な状態は以下のとおりです

■上を見上げたり左右に首を回そうとすると激痛が走る
■腕を上げると肩甲骨の内側に激痛が走る
■首を横に傾けると首筋が痛む
■首~肩~背中にかけての痛みで台所仕事が辛い
■腕を前方にだすと鎖骨の下のあたりが痛い
■首・肩・背中の筋肉が非常に硬くなっている
=====

こちらの方には次のような施術を行いました。

■動きが固くなっている背骨・骨盤の関節調整
■前方に廻り込んでいる左右の肩の調整
■首・肩・背中・腕に鍼を刺入した状態で
 首や腕を動かし、痛みを減らし可動域を広げていく

施術の結果、首を動かす際の激痛はかなり減ったものの
動かせる範囲(可動域)は正常には程遠い状態でした。

こちらの方は一週間に計三回の施術を行い、
首や腕の動きはほぼ正常な状態に戻り、
痛みもわずかに感じる程度にまでなりました。

そして現在では、
・同じようなことが再び起こらないよう、
・より良い状態が維持できるよう
およそ二週間に一回のペースで来院されています。

===

今回ご紹介した「首の痛み」をはじめとする現象は
身体からの警告です。
もしもこのようなことが起きたときは、
身体のことをしっかり考えるよい機会だと解釈されれば、
後々良い方向に向かうのではないかと思います。

このページの先頭へ