腰痛

当院を利用される患者さんの症状は様々ですが、半数以上の方
が腰痛の症状を訴えられます。

腰痛が起こる原因としては育児・介護・仕事・趣味などの場面
で、偏った姿勢による腰への負担、精神的緊張状態による肉体
疲労など多くの事が考えられます。

例をあげれば

●乳児への授乳や抱っこ
●長時間のパソコン作業
●久しぶりのスポーツ
●寝たきりの方へのベッド上での介護作業

など、その原因となるような動作は日常生活の中に、いくらで
も潜んでいるといえます。

また上記の生活動作とは関係の無い、内臓疾患などに起因する
腰痛もあります。

腰痛がなかなか良くならなくてお困りの方は、以下の当院の腰
痛に対する施術方針をお読みになってください。


<治療院に行けば良くなるんだろうか・・・>

●これまで鍼灸、マッサージ、整体などの施術を受けたことは
あるけど、中々痛みは無くならない。

●何かの病気によるものかと思い病院でレントゲンやMRIな
ど、ひととおりのことは調べてもらったけど、特に異常はない
と言われた。

●真面目に運動すれば多少良くなるだろうとは思っているけど、
色々と忙しくて積極的に運動する気にはなれない。

●忙しかったりちょっと無理をすると、ぎっくり腰になって外
出できなくなることがある。

●歯を磨いたり台所で食器を洗っている間中、背中や腰が痛い。

これまで私が接してきた腰痛の患者さんからお聞きしたことの
一例ですが、このような方々が来院されてきます。

「痛みを何とかしたい」「良い状態を維持したい」このような
想いをお持ちの方は一度ご相談ください。


<腰痛にはこのような施術を行っています>

当院は整体・マッサージ・鍼・灸による施術を行っていますが、
施術方法を決めるうえで重要となるのが初診時の問診・触診・
検査です。

患者さんの訴えに対し無駄なく根拠ある施術を行うために患者
さんの話はお聞きしますし、こちらからも色々と質問をさせて
いただきます。

「こんな事、関係ないかな?」とか思わずに、何でも気になる
事を仰っていただけると助かります。

また同じような腰痛でも患者さんの体質によって、マッサージ
や鍼のやり方もだいぶ異なります。

マッサージであればその強弱、鍼であれば鍼の太さや刺入深度
など・・・

体力が有り余っているような人もいれば、普段から元気のない
人もいます。

このように当院では患者さんの症状はもちろん、体質・性格を
考慮したうえで腰痛の施術にあたっています。

そして辛い腰痛を再発させないためには「施術を受ける」だけ
ではなく、ご自身の「良くなろう」という気持と努力も必要で
す。そのためにご自身で出来る腰痛体操もご指導いたします。

腰痛のことで不安な想いを抱いている方、一度ご相談ください。

======
【腰痛患者さんの声】

(40代 男性 Bさん)

仕事で忙しい毎日を過ごされているこちらの男性は、転職に伴
う全身疲労・頭痛・腰痛を訴えられていました。

責任感が強く真面目な性格のBさんは、転職に伴い上司や部下
が変わってからも新しい環境に慣れようと頑張られていました。

首から背中・腰そして左右の足にかけて強い筋肉疲労と、背骨
や骨盤の関節の動きの低下が見られました。

このような状態に対して以下の様な施術を実施しました。

■精神的なリラックス状態を得るためのマッサージ
■自律神経、筋肉に働きかける鍼と灸
■神経の伝達を正常化させるための整体

<感想>

転職してから特に頭痛が辛かったんですが、初めて施術を受け
た後からほとんど痛みを感じなくなりました。

また全身の疲労感もだいぶ減ってきて、寝付きも良くなってき
ました。

定期的に施術を受けていることで、以前よりも仕事に集中出来
るようになりました。

このページの先頭へ