坐骨神経痛

「床に落ちた物を拾おうとして腰を曲げたら、お尻から足にか
けて強烈な痛みが走った。」

時々患者さんからこのような話をお聞きすることがありますが、
これは「坐骨神経痛」の症状の一例です。

坐骨神経痛は30~40代の方に多く見られ、日常の生活習慣やス
ポーツによる「腰痛」を繰り返した結果、起きてしまう症状と
考えられています。


<坐骨神経痛とは?>

坐骨神経痛とは病名ではなくあくまで症状の総称であり、多く
の場合は腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが原因で坐骨
神経痛が起こると考えられています。

この痛みは坐骨神経(腰から足先にかけての神経)に沿って現
れ、「腰痛・足にかけての痛み」が単独にまたは合併して起こ
ります。

症状が重くなると、足が痛くて歩けなくなったり排尿障害を起
こす場合もあります。

痛みの原因を概ね特定し、それを修復するための施術を行って
いくことで長年の辛い痛みも徐々に軽くなっていきます。

一時的な痛みの解決が必要な場合もありますが、まずは症状の
原因を調べるために治療院に行くことが先決だと思います。

ただしこの「腰痛・足にかけての痛み」は坐骨神経痛以外に、
足の血管が詰まる閉塞性動脈硬化症、子宮癌、前立腺癌などの
病気が原因で起こる場合もあるため、初診の際の問診・触診・
検査の結果によっては施術は行わず、病院での受診を勧める場
合があります。


<坐骨神経痛にはこんな施術を行っています>

前述したように、坐骨神経痛の発生原因は腰部脊柱管狭窄症や
腰椎椎間板ヘルニアに大別されるのですが、各々の痛みを感じ
る時の姿勢はほぼ逆であり、運動療法における背骨の動かし方
も逆の動きとなることが多くなります。

したがって治療においてはまず初めに坐骨神経痛が起きる原因
を推定するための鑑別診断を行います。

鑑別診断は問診・触診・検査によって行い、その原因が概ね推
定した後は運動療法も含めた整体・マッサージ・鍼灸による施
術を行っていきます。

施術は神経痛が出現する範囲だけではなく、神経痛を助長して
いる、もしくは神経痛の影響により不調をきたしている部分に
対しても行います。

また院内の施術以外に、ご自宅で実践していただくための運動
療法の指導も行います。(これがとても大切です)

===

【坐骨神経痛の患者さんの声】

(70代 女性Nさん)

整形外科において腰部脊柱管狭窄症と診断された方の症例です。

年齢が60才を超えた頃から常に腰に痛みを感じるようになり、
2~3年前から右側のお尻と膝から下の外側に痺れや違和感を
感じるようになったそうです。

●椅子に座った状態で腰を後方に反らすと腰が痛い
●自宅の近所を歩いていると10分もたたないうちに足が痛く
 なって、しばらく休まないと再び歩けない
●ここ1年は車輪付きの歩行器を使用して歩いている
●ここ1~2年、肩こりがひどい

このような症状に対し、次のような施術を行っています。

■骨格の触診、筋力の検査、関節の可動性の確認
■無理のない範囲で、痛みが出る姿勢を確認
■動きが低下している関節の調整
■腰から足にかけての鍼灸施術
■血液循環を良くさせるためのマッサージ

<患者さんの感想>
 
今まで整体や鍼灸の施術は受けたことが無かったので少し不安
だったのですが、初めて施術を受けた後は体が軽くなるととも
に腰の痛みが和らいだ気がしました。

初めての施術から2~3日過ぎるとまた痛みが出てきたので、
しばらくは週1回の間隔で施術を受けることにしました。

2カ月ほどの定期的な施術と先生に教えて頂いた自宅での運動
を続けたことで、腰の痛みや肩こりが随分と楽になり、歩くこ
とも以前よりは辛くなくなりました。

今後も自宅での運動は継続してまいります。

このページの先頭へ