自律神経失調症

肩こり・頭痛・倦怠感などの症状はあるのに、病院の検査では
「異常無し」、自律神経失調症の特徴です。

昔はあまり聞かれませんでしたが、最近は「ストレス社会」と
いう言葉が示すように、肉体的・精神的ストレスを強く感じて
いる人が増えているようです。

それではこの肉体的・精神的ストレスは、どのようにして増え
ていくのでしょうか?

家庭内や仕事上のトラブル・人間関係、育児による疲労の蓄積、
不規則な生活、などなど・・・

ここでは、現代病の一つである自律神経失調症について書きま
した。

症状の辛さをなかなか周りの人にわかってもらえず、一人で頑
張リ過ぎて悪循環に陥ってしまうなど、改善できずお困りの方
は是非お読みになってください。


<慢性的なだるさ、気分の落込みが続いている・・・>

自分では心当たりが無いのに、頭痛や慢性疲労などの身体的症
状が長期間続いている。

また精神的な症状として憂鬱感や不安感、さらに「常に気分が
晴れない」などの落ち込みが続いている。

もっと爽快な気分で日々を過ごしたい、元気な身体で育児や仕
事に集中したい。

私が優和治療院を開業してから、またいくつかの治療院に勤務
していた頃から、この様な症状を訴える患者さんは実に多かっ
たです。

<自律神経失調症とは?>

どんなに不規則な生活を送って体調を崩しても、昔は「それは
自律神経失調症ですね」と言ってもらえることはなかったそう
です。

自律神経失調症という名称が一般に知られるようになたのは、
ごく最近のことです。

(1)自律神経失調症の症状

症状を大きく分けると、次のようになります。

①体の全体に現れる症状
慢性的な倦怠感、微熱、不眠、疲労感など

②体の各器官に現れる症状
頭痛、肩こり、耳鳴り、便秘、下痢など

③精神に現れる症状
落ち込み、情緒不安定、不安感、集中力の低下、無気力など

(2)自律神経失調症の発症原因

自律神経のバランスが乱れることにより、様々な症状が体や精
神面に現れてきます。

バランスが乱れる要因として、次のようなことが挙げられます。

①日々のストレス
職場・学校・家庭内での人間関係、仕事・育児の重圧など

②長期にわたる不規則な生活
夜型生活、慢性的な寝不足、不規則な食事の時間など

(3)自律神経って何?

自律神経は「自分の意思で止めたり動かしたりできない部分
(内臓や体の器官)の機能を調整」する役目があります。

「夏の暑い日は汗をかき、冬の寒い日は鳥肌が立つ」「走ると
心臓の鼓動が速くなり、休めば徐々に鼓動が元に戻っていく」、
これらの現象は全て自律神経の働きによるものです。

ここで、自律神経は次の二つに分けられます。

①交感神経
怒り、恐怖、危険が迫ってきた時に働く。
血圧を上昇させる。

②副交感神経
リラックスしている時、睡眠中に働く。
血圧を下降させる。

要するに、この二つの神経「交感神経・副交感神経」のバラン
スの乱れが、”自律神経失調症”の発症要因となります。


<自律神経失調症に対してはこのような施術を行います>

自律神経失調症の一般的な施術方法には、以下のようなものが
あります。

■薬物療法
■心理療法
■理学療法
■生活習慣の見直し

上記の施術法の中で私が行っているものは、「理学療法、生活
習慣の見直し」です。
以下に、これらについてお話します。

(理学療法)
鍼灸・マッサージ・整体・ストレッチなどを単独に、もしくは
組み合わせて行います。

また問診・触診・検査等より体の状態を把握し、”何ともいえ
ない辛さ”の改善を目指します。

①問診

まずは「問診票」にいろいろと記入していただきます。

●体のどこがどのように辛いですか?
●いつ頃から辛いですか?
●どの様な時に最も辛く感じますか?
●原因として心当たりはありますか?
●過去・現在のケガ・病歴
●この症状に関して、病院・治療院での受診の有無
●普段の生活状況(仕事・食事・趣味・睡眠時間など)

問診票へのご記入が終わったら、その内容についてご質問させ
ていただきます。

②触診

次は実際に患者さんの体に触れて、体の状態を確認させていた
だきます。

③検査

検査では「骨格の形状」や「関節の動き」を踏まえた上で、

●体の各器官(手足など)が「発揮している筋力」
●体を動かした時の「関節の動き方」「痛みの有無」
●不調の原因が、どのあたりの神経に起因しているか?

などについて確認します。

そして患者さんには、「正常でない」ところを自覚していただ
きます。

④施術開始

問診・触診・検査を行ったら、「施術」の開始となります。

●マッサージ
●整体
●鍼灸

これらを、患者さんの症状に合わせて行います。

⑤施術終了

施術終了後は、次の事項について患者さんに確認していただき
ます。

●体の辛さがどの程度改善しているか?
●施術前の体(関節)の動きが改善しているか?
●体の各器官(手足など)が「発揮している筋力」が改善して
 いるか?


<生活習慣の見直し>
自律神経失調症に対する施術で留意していることは「充分にお
話を聞かせて頂くこと」、「出来る限りリラックスしていただ
くこと」です。

施術を受ける時、心や体が緊張したままでは充分な効果は期待
できません。

また、あなたに適した施術方法を明確にするための貴重な情報
となりますので、少々言いにくいことも包み隠さずお聞かせて
下さい。

あなたのお話が症状改善の糸口となります。


このように施術にあたっては、患者さんの訴えを聞き逃すこと
なく正面から受け止め、その辛さを充分理解したうえで行うよ
うにしています。

施術を「精神と身体」の両面から行うことで、改善効果がより
高まると考えています。

===

【自律神経失調症の訴えがある患者さんの声】

(50代 会社員女性 慢性的なだるさ・頻繁にでる微熱の訴え)

こちらの患者さんは会社勤務をしつつ、同居されているお父様
の介護を5年近くされています。

睡眠時間も少なく会社の仕事以外の時間は、ほとんど自宅での
介護に費やしている状況でした。

そのため、介護生活を始めた頃から「慢性的なだるさ」や「微
熱」などの症状が出始め、病院で検査を受けるも特に異常はな
いとのことでした。

施術内容は次のとおりです。

■問診(特に症状・日常生活について)
■骨格の触診、筋力の検査、関節の可動性の確認
■精神的・肉体的な過緊張状態を改善するための全身マッサージ
■体の動きを妨げ、だるさの一因ともなっている関節の矯正
■体の動き・だるさの改善具合の確認後、鍼で調整して終了

2週間に1回の施術を3~4回行って、かなり症状には改善が
見られました。

問診の際、多くのお話ができたことがご本人にとっては良かっ
たようです。

その後は、不定期の施術で体調管理をされています。

また感想として、次のようなことを仰ってました。

<感想>
常ににだるくスッキリしない感じが続いてましたが、マッサー
ジや鍼による施術を受けて、だいぶ楽になりました。
 
特に頭や首への施術が心地良く、久しぶりに体全体がリラック
スできました。
 
鍼の施術は初めてでしたが、想像していたような痛みはほとん
ど無く、施術の後は体が軽くなったような感じです。
 
また色々と細かいところまで日常生活のお話を聞いていただい
たことで気分的にも楽になり、頻繁に出ていた微熱もかなり減
ってきました。
 
この状態を長く続けていけるよう、これからも施術を受けてい
きたいと思いました。

このページの先頭へ